【AirBnb コンサル・運営代行】

06.28

Pocket

【AirBnb コンサル・運営代行】

当社ではAirBnbのコンサル・運営代行をしています。

物件選びからインテリアコーディネートまでトータルにサポート&代行。

Airbnb登録、ガイド作成から電話・メッセージ対応、清掃・消耗品交換と全てのホスト作業を代行します。

当社では、月で10-20万程売り上げが上がる仕組みを提供致します。

 

最近では、売り上げが上がらず撤退が相次いでいますので、

撤退物件の買い取りも行います。

 

 

Airbnbとは

Airbnb (エアービーアンドビー)とは、2008年にサンフランシスコで開始された、宿泊場所の提供者(ホスト)と宿泊場所を探している旅行者(ゲスト)をつなぐ民泊プラットフォームで、192カ国で200万件上の宿泊場所が登録されています。

ホテルよりも安く宿泊できることに加え、現地の人の家や部屋で過ごせることが魅力として、世界中で利用者が急増しています。

人気の要因のひとつは、無料でついてくる安心サポートです。例えば、Airbnb社の24時間対応カスタマーサポートや、ゲストによる損傷を最大1億円まで保障するホスト保証、ゲストから賠償請求をされた時に最大1億円まで保障するホスト保障保険などがあります。

ウォール・ストリート・ジャーナル誌によると、Airbnb社の2015年度の売上見込みは$850m(約1,020億円)。2013年売上から300%成長。東京オリンピックが開催される2020年には売上が$10ビリオン(約1.2兆円)を到達すると予想されており、5年で売上10倍アップが見込まれています。

2014年、日本政府は、空き家問題や宿泊施設不足問題の改善や、外国人旅行客誘致に繋がるAirbnbのような「民泊」に注目しており、「国家戦略特区構想」の1つとして、民泊における旅館業法の規制緩和案を発表。

2015年6月に閣議決定した「日本再興戦略」で、民泊について「新たなビジネス形態で、まずは関係省庁が実態把握などの検討を行う」と明記され、観光庁幹部は「利用環境をしっかり整えて大都市のホテルが賄い切れない宿泊需要を補う存在にしたい」と発言するなど、2016年9月頃から民泊の法整備が行われ、Airbnbが全国で急速に広がると予想されています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2020年5月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る